全身脱毛専門店「シースリー(c3)」で脱毛!脇の黒ずみが治った??

脱毛サロンのシースリーでは超光速脱毛マシンを導入しており、
脇脱毛なら約5分とスピーディーに終了するのが良いところです。

この脇脱毛を受けると脇に生じた黒ずみが治ると言われています。

脇のむだ毛をきれいに処理していても、
黒ずみがあるのでは見た目が悪くなることがありました。

脇の黒ずみはメラニン色素の沈着が原因となっています。

私たち人の皮膚にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。

メラノサイトからはメラニンと言う色素が生成されます。

太陽光に含まれる紫外線には害があります。

そこでメラノサイトがメラニンを生成し、紫外線を吸収させることで守っています。

紫外線を浴びると肌が黒くなるのはメラニンが増えたからと言う訳です。

ところが強い刺激によってもメラニンが生成されることがありました。

カミソリで剃ってもまたすぐに脇毛は生えてきます。

生えてくるたびにカミソリで剃ると言った刺激の強い自己処理を繰り返すと、メラニン色素が沈着しやすいです。

シースリーのフラッシュ脱毛では永久脱毛まではできません。

しかし毛根にあるメラニンに光のエネルギーを集中させ、熱ダメージを与えているため、
比較的濃い脇毛は脱毛効果が出やすいのです。

日本人の肌質や毛質に合わせて開発した純国産の脱毛マシンのため、
脇毛をきれいに処理することが可能です。

シースリーで脇脱毛を受けると1週間から2週間後には自然に脇毛が抜け落ちます。

脇毛がまた生えてきたら次回の施術が受けられるため、
刺激の強い自己処理も控えやすくなっています。

脇脱毛完了後は回数にもよりますが殆ど自己処理不要となります。

皮膚にはターンオーバーと言うサイクルがあり、
通常であれば増えたメラニンは細胞と一緒に剥がれ落ちていきます。

このターンオーバーは28日サイクルと言われており、
1か月ほど経てば黒ずみが治ることが期待できるのです。

しかし2日3日で治ると言う症状ではないため、
ノースリーブや水着などを着用する夏が来るより前に脱毛を始めることが必要です。

ただし紫外線を浴びすぎ過ぎると余計症状が重くなるために注意が必要です。

脱毛中の場合はシースリーのスタッフから断られてしまう恐れがあります。

脇は紫外線が当たらないイメージがありますが、照り返しなどで当たることがあります。

日焼け止めやUVカットのカットソーなどで紫外線対策を行うと良いでしょう。

もし日焼けしてしまったときは帰宅後に冷やして保湿して下さい。

過度なストレスはターンオーバーが乱れる原因となるため、
ストレスを溜め込みやすい人は何らかの方法で解消してみて下さい。

シースリー 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です